広告&webデザイン
<b>つれづれのお話</b>

今日はグランセノーテとトゥルム遺跡に連れて行ってもらうことになりました。
朝から雨が降ったり晴れたりの天気。
とりあえずグランセノーテは雨が降っていない方がきれいなので、
先にトゥルム遺跡に行くことに。
途中、まだカンクンの市街地を出ていないあたりで、けっこうな渋滞。
Cちゃん曰く、事故かも…と。
いよいよ赤色灯っぽいのが回ってるあたりに近づくと、停車している車たちに続いて、
トラックに乗せられた焼けた車、そして続いて、ひしゃげた車。そしてビニールシートからはみ出した腕…
ギャー!!∑(゚Д゚)
こ、怖かったです…

トゥルムまでは片道約130キロとのこと。
今日もまた、ロングドライブ;^_^A
またまた雨の降る中、トゥルム遺跡に到着です。
海に向かって開けた土地で三方を城壁で囲まれている遺跡。
その昔、スペイン人たちが城壁を指差して、「ここの名前は?」と聞いたところ、
先住民が「トゥルム(城壁)」と答えたのでそのまま地名になったとか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ここでようやく初カリブ海をみました。
曇った天気の中でも真っ青な海の色がよく分かりました。
カリブ海はグレートバリアリーフにつづいて、2番目に大きなサンゴ礁ということ。
これで2巨頭制覇です(^_^)v

つづいてグランセノーテへ。
ここは何年か前、イッテQでデビ夫人とふかわりょうが面白い写真を撮ってたところ。
水の中なんだか、外なんだか分からないという驚異の透明度です。
真水なのでとにかく浮かない。
もう数年ぶりに水着を着て、こういう野生の水に入るので、やっぱりけっこう怖い。
一方、妹は小笠原在住なので、素潜りしてるわ、
Cちゃんはそもそもこのあたり在住なので、何度も来てるわで、
こなれた様子の中、おどおどとしてさんざん嗤われたのでした〜。
しょうがないじゃん〜、怖いんだもん(^^;;
でも、異常なはしゃぎっぷりで、たっぷりと遊びまくりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

帰りは途中、プラヤ・デル・カルメンという街に寄ってお買い物。
と、ここで見覚えのあるポールが。
これってイッテQで(こればっか(^^;;)
その昔、宮川大輔がやってた、鳥人祭りのポールやん〜。
なんかイッテQのロケ地を転々と回るみたいなツアーになってる(笑)
(ここがその場所かどうかは分かんないけど・・・)

20
このプラヤ・デル・カルメンは主に欧米の人がよくくる海岸沿いの観光スポットで、
ダイビングする人に人気だとか。
めちゃくちゃかわいいお土産物屋さんや、美味しそうなレストランがたくさんありました。
カンクンからは来にくい立地のせいか、日本人はほとんどいないんだって。
レンタカーを運転できる方はぜひオススメです。

そしてすっかり日の暮れた中、一路カンクンへ。
重ね重ねCちゃん、ありがとう&おつかれさまですm(__)m

次の日は朝の5時のフライトなので、早めに解散&就寝。

そういえばメキシコに着いてからずっとお腹を壊してる(~_~;)
なんだろう?
食べ物に当たったってわけでもなさそうだし…と思ってたら、
もしかしたら水が硬水のせいかもしれないと思い当たりました。
もちろんミネラルウォーターを飲んでますが。
アメリカにいくと便秘しないとかいうし。
でもいつもお腹痛いのは困るので、そろそろ体が慣れてくれたらいいな〜…

▲topつれづれのお話|2013年9月21日|

“メキシコ旅行3日目[トゥルム、グランセノーテへ]【2013/9/4】” への2件のフィードバック

  1. machio より:

    その行動力!いつもながら♡惚れるっwww 
    これからもパワーわけてくださいねっ♪

    • moriaya より:

      ありがとうございます〜〜〜☆
      先生のパワーにもいっつも惚れてます(^ー^)/

コメントを残す