広告&webデザイン
<b>つれづれのお話</b>

妹のお休み二日目の日曜日は、母島に繰り出しました。

朝、7時半発のははじま丸に乗ろうと、早起き。
乗船前に島で唯一の焼きたてパン屋さん「たまな」さんでパンを買うのだ!並ぶのだ!と言う妹に引っ張られつつ、朝6時半からパンを買うのに並ぶ?!まさか?と、半信半疑で40分ごろ到着すると、もうすでに店内には人が数人(でいっぱい)、店外にも並んでるという盛況ぶり!
並ぶこと数分で、やっと入店すると、もう品数は半分ぐらいになってたかも。
妹と私の朝ごはん、昼ごはん、おやつ用に4つずつ購入したら、それだけでごっそりなくなっちゃいました(^^;;
島で生活してると、美味しいパンになかなかありつけなくて、すごくパンが恋しくなるので、島に行った方はぜひ早起きして行ってみてください( ^ω^ )
ただ、ごっそり買いすぎると地元の人に顰蹙かうので、ご注意を(^^;;
写真 2014-07-27 6 39 21

そんなこんなで準備を終え、船着き場に向かいました。
妹曰く、ここの船は、ざっと見て「揃いましたねー、はい出港!」みたいな日本にあるまじきスタイルなので、ちょっと早めに行っとかないと置いていかれることも…ってことでした(^^;;
この日はおがさわら丸の入出港日ってこともあって、朝イチの微妙な時間帯に乗ってる人は少なく、もしかしたら10人も乗ってないんじゃないか?ってぐらいの貸し切り状態でした( ^ω^ )
父島から母島へは、この船で約2時間10分。
小さな船だし、波はあるしで、もしかしたらおがさわら丸より酔いやすいかも(^^;;
森姉妹はやはり酔うこともなく、爆睡。ちなみにクーラー効いてるので、上着必須です。
写真 2014-07-27 7 15 55

さて、母島に到着したものの、することを考えてない。
ってか、足がない。
レンタカー屋さんはまさかのお休み。
帰りの4時までどうする?と、ぼーっとしてると、「あれ?森さん?」と声をかけてきた、岩城滉一似の渋いおじさまが。
私がトイレから帰って来ると、「お姉!車、ゲット!」とブイサインの妹。
なんと、岩城滉一似のIさんが、今日一日暇なので、ガイドがてら島を回ってあげるよー!と。
ああ、なんて行き当たりばったり。
なんて渡りに船(笑)
そんなわけで、Iさんの軽をブイブイ言わせつつ、母島ドライブとなったのです。
写真 2014-07-27 10 25 56

えっとですね。
はっきり言うと、本土でいわゆる「小笠原」的なものを求めて海を渡ってくる人は、母島まで来た方がいいです。
で、こっちにも泊まった方がいいと思う。
例えて言うなら、規模は違うけど、父島は沖縄本島やオアフ島、母島は宮古島やマウイ島って感じ。
さらに原始な感じなのです。
写真 2014-07-27 10 41 36
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑戦後廃村になった、北村集落

どちらも東京都なので、道はびっくりするほど整備されてます。
特に父島は、島内を走ってると、ここは和歌山?って思っちゃったり、日本人にとっては悪い意味で異国感がない(^^;;
景色を決めるのって、結局はそこにいる人、道、車なんじゃないだろうか?と思ったりもします。
これで道が悪かったら、完璧な異国なのに!と贅沢を言いたくなってみたり。
母島も道はきれいなんだけど、アスファルトじゃなかったり、細かったりで、ああ、ここは海の果てなんだなー、って実感できます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そんなこんなの実感を抱きつつ、絶景を楽しみつつ、この旅初めての外食も楽しみつつ、で昼すぎ。
一個だけ目的だった、小富士へのトレッキングに向かいました。
(ってか、ほんとに足も確保しないで、ここまでどうやって行くつもりだったのやら(^^;;)
写真 2014-07-27 12 05 39

入り口で靴底に酢を吹き付け、いざトレッキング開始!
高低差はそんなになくて、坂もそんなにきつくないんだけど、とにかく暑い!!!
久々に毛穴という毛穴から汗が吹き出しました。
最後の登りを登り、岩場の階段を上がると!
そこには本日最高の絶景が広がっていました!!

写真 2014-07-27 13 41 12

いやぁ、しかし暑い。日差しが痛い。
日焼け止めをけっこうマメに塗ってたのに、この日でだいぶん焼けちゃいましたよ(´・_・`)シミがー(´・_・`)

下りは、途中でそれて、Iさんの知ってる海岸に連れていってもらいました(*^_^*)
そこで靴のドロを落とせた!と思ったんだけど、そこからもぬかるみ祭り(笑)
トレッキングシューズはドロドロのカピカピになり、とても落とせないので、このままでは乗船時に怒られる!と、脱いで、持参したビーチサンダルに履き替えました。
昨日もだけど、小笠原でいろんなところに行きたかったら、トレッキングシューズとビーサン(ギョサン)を持って行くのは必須かもです。
写真 2014-07-27 14 30 36

船着き場まで送っていただき、同じくははじま丸に乗って父島に帰るというIさんとはいったんお別れ。
帰りのははじま丸では、汗でボトボトになった上着を着替え、また爆睡して帰りました。
あ、着替えも必須です。
汗で濡れたまま乗ったら風邪引きそう(^^;;
父島に帰島したら、とにかく汗臭いのでいったん帰宅。
シャワーを浴びてから、純の職場の友だちのKくんと、今日の便で父島に来たという、Kくんのお友達とで、島の居酒屋に飲みに行きました。

そこで初めて、ウミガメの刺身と、煮込みを食べてみました!
刺身はマグロと馬刺しの間って感じ。
煮込みはもつ煮込み。
煮込み、ダメな人はダメらしいけど、私はどこかよく分からない部位をモリモリ食べました(*^_^*)
ウミガメ、交尾が終わったオスを捕まえて食すそうで、日本ではウミガメ食べるの、小笠原ぐらいじゃないかなー?ってことだったので、島に来たときはぜひご賞味を。
でも、某団体にバレたら、また突撃されそうだな(^^;;
写真 2014-07-27 19 40 01
写真 2014-07-27 19 56 41
というわけで、週末は小笠原に来て初めてのバカンスらしいバカンス、満喫しました(*^_^*)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲topつれづれのお話|2014年7月31日|

コメントを残す